医者がすすめるジスロマック

ジスロマックで感染症を治しましょう。ジスロマックはクラミジアにも効くお薬ですので、病院やネットでジスロマックを購入して治療をすることができます。ジスロマックは性病など様々な症状に使えます。

性病ならジスロマックで完治

ジスロマックは、日本国内で最も感染者の多い性器クラミジアと次に多い淋病の治療薬として用いられており、特に性器クラミジアの治療ならばアジスロマイシンの力量で1,000mgを1度服用するだけで完了します。
エリスロマイシンやクラリスロマイシンなどの従来の治療薬では、1日3回の服用を7日~14日程度継続する必要がありましたが、ジスロマックはエリスロマイシンの分子骨格に窒素を加えたアジスロマイシンを採用する事により、患部細胞内の医薬濃度を血中濃度の最大100倍まで引き上げ、小腸で一定量の医薬成分を長い時間放出し続ける製剤法を取り入れた事により血中半減期を従来の3倍~5倍に高めています。
又、ジスロマックは、従来の治療薬の問題点であった胃酸の影響による副作用の発生頻度を軽減し、体内で代謝後数日で医薬成分のほとんどが体内に蓄積され事無く排出する為、副作用自体が少なく非常に安全性の高い治療薬とされています。
その為、現在では産道感染の予防目的で胎児への悪影響を最小限に抑えられる妊娠20週目~妊娠30週目に掛けてジスロマックによる性器クラミジアの治療も行われています。
ジスロマックは、人間の細胞を構成する40Sサブユニットと60Sサブユニットから形成される80Sリボソームには影響を及ぼさず、真菌を構成する50Sサブユニットと30Sサブユニットから形成される70Sリボソームだけに作用するので安全性が高いとされています。
ジスロマックの作用機序としては、伝令RNAの遺伝情報を読み取ってタンパク質へと変換するリボソームの50Sサブユニット内の23SリボソームRNAと結合する事で、転移RNAの働きを鈍化させ正常な蛋白鎖の成長を阻害して菌の増殖を阻止します。
アジスロマイシン以外にも細菌に効果的な成分の薬はあります。例えばミノサイクリンもまた、細菌を殺菌する作用がありますので、ミノサイクリンで細菌の増殖を抑えることができ、クラミジアの治療にも使うことができます。
ミノサイクリンは牛乳など乳製品と一緒に飲むと吸収が悪くなるため、効果が半減してしまうので飲み合わせには気を付ける必要があります。
また、医薬品ならどんなものにも副作用があります。ミノサイクリンは腎臓病や肝臓病の人などは副作用が出やすくなりますので、十分に注意しましょう。

ジスロマックは色々な感染症に効く

ジスロマックは、一般的にアジスロマイシンを主成分とする蛋白合成阻害薬として、性行為感染症の性器クラミジアや淋病の治療薬として知られていますが、深在性皮膚感染症や気管支炎、扁桃炎、リンパ節炎、肺炎、咽頭炎など菌による様々な感染症の治療に用いられています。
蛋白合成阻害薬は、菌の細胞小器官70Sリボソームの50Sサブユニットに選択的に作用する事で、菌類のタンパク質の生成に不可欠なアミノ酸をmRNAに基づいて転移させるtRNAの動きを鈍化させ、タンパク質の生成の塩基配列に混乱を生じさせ菌の増殖を阻止する効果を示します。
加えて、代謝酵素シトクロームCYPとの結合力が弱いので、他の薬物と相互作用が非常に少なくアレルギーなどの副作用が無いとされています。
ジスロマックは、従来の蛋白合成阻害薬に窒素を脱水結合させたアジスロマイシンやマイクロスフェアを用いる事で、上部消化器官における消化吸収による腹痛や吐き気、食用不振などの胃腸の不快症状の発生頻度を軽減するだけで無く、患部組織内の医薬成分濃度や薬物治療移行性などを高めています。
又、マイクロスフェアの小腸における長時間かつ安定的な医薬成分の徐放性により血中半減期を68.1時間に延長し、時間依存性の抗生物質としての医薬効果を高めています。
その為、ジスロマックは、アジスロマイシン力価500mgを1日1回3日間の継続経口投与により感受性菌に対して必要な患部組織内の医薬成分濃度が約7日間持続するとされ、尿道炎や子宮頸管炎などの性器クラミジアの治療ならば、アジスロマイシン換算で1,000mgを1回経口投与により必要な患部組織内の医薬成分濃度が約10日間持続するとされ、1回の経口投与で治療を完了する事が出来ます。

ジスロマックの効果的な使い方

様々な真菌の増殖を抑え、殺菌する効果があるアジスロマイシンを主成分に含むジスロマックは多くの性感染症に効果があります
ジスロマックはクラミジアや淋病などの性感染症を治療する抗生物質で、即効性がありアレルギー反応が起きにくい薬として人気があります。
また性感染症だけでなく肺炎球菌やブドウ球菌に対しても効果があるため、咽頭炎や気管支炎の様な呼吸器系や中耳炎や副鼻腔炎の様な耳や鼻の治療にも使用されます。
ジスロマックが即効性があるため服用後数日程度で症状がなくなり完治したように思えますが、万が一、菌が残っていた場合は再発し、場合によっては悪化した症状が出る可能性があるため、症状が治まった後でも1週間程度はジスロマックを服用するとクラミジアや淋病を再発させることなく効果的に治療出来ます。
クラミジアは男女ともに自覚症状が少ないですが、男性側が排尿時に軽い痛みを感じたり性器に痒みの様な違和感を感じる可能性があります。
また淋病も女性は自覚症状が少なく、男性側は勃起時や排尿時に激しい痛みを感じたり、膿に似た分泌液が大量に分泌したりもします。
クラミジアや淋病は放置しておくことで男女ともに不妊の原因になることがあり、この様な症状が出た場合は病院で検査をし、適切な治療をすることが大切になります。
また1人が何かしらの違和感を感じ性病に感染していた場合はパートナーにも性交渉を通して感染させた可能性があるため、2人で検査を受けましょう。病院で検査を受けることが恥ずかしいと思うのであれば性病の検査キットをインターネットで購入し、自分でサンプルを採取して検査を受けることが出来ますし、陽性であれば薬の通信販売からジスロマックを購入し、自宅で治療することも可能です。
性感染症は1人だけの問題ではなく、性交渉をする相手がいる以上は問題を共有する必要があります。性感染症を恥ずかしいと思わずに、必要な治療をしっかりと行いましょう。