医者がすすめるジスロマック

ジスロマックで感染症を治しましょう。ジスロマックはクラミジアにも効くお薬ですので、病院やネットでジスロマックを購入して治療をすることができます。ジスロマックは性病など様々な症状に使えます。

ジスロマックが効くマイコプラズマとトリコモナス症

ジスロマックは、性器クラミジア、淋病、レンサ球菌属、肺炎球菌など様々な感染症の治療に有効なマクロライド系の抗生物質であり、細胞壁の代わりを果たす3層の限界膜を有するマイコプラズマ肺炎の治療にも用いられています。

しかし、トリコモナス症は、人間などの脊椎動物に寄生する嫌気性の単細胞生物トリコモナス原虫が発症原因なので、蛋白合成阻害薬に分類されるジスロマックでは効果が無く、治療には抗原虫剤チニダゾールやメトロニダゾールなどが処方されます。
膣トリコモナスは、約0.1mm程度の寄生虫によって感染する為に他の性感染症よりも感染力が非常に強く、タオルの共用やトイレの便座、風呂の浴槽場で感染する事も多々あります。
この性行為感染症は、4日~1カ月程度の潜伏期間を経て発症し、男性の場合には自覚症状が無い事がほとんどですが、尿道炎や前立腺炎、精巣上体炎、亀頭包皮炎などの症状を引き起こす事もあります。
しかし、女性の場合には、悪臭を伴う褐色のオリモノや排尿障害、膣の掻痒感などの症状を発症し、3週間程度で症状が消失し原虫キャリアとなってしまい、感染を拡大するだけで無く子宮ガンの発症リスクやHIVの感染リスクが高くなります。
メトロニダゾールは、病原微生物の中に取り込まれ還元されニトロソ化合物を生成し、ニトロソ化合物の作用により病原微生物のDNAを切断する事で病原微生物を死滅させる効果を示します。
対してジスロマックは、細菌や真菌の蛋白質を生成する70Sリボソームの50Sサブユニットと選択的に結びつく事で、遺伝子情報に混乱を及ぼし蛋白鎖の伸長を阻害し、真菌や細菌の増殖を抑制する効果を示す安全性の高い治療薬です。