医者がすすめるジスロマック

ジスロマックで感染症を治しましょう。ジスロマックはクラミジアにも効くお薬ですので、病院やネットでジスロマックを購入して治療をすることができます。ジスロマックは性病など様々な症状に使えます。

ジスロマックは胃腸症状は少ないが免疫低下の危険あり

ジスロマックは、ファイザーが製造販売する15員環ニューマクロライド系の抗生物質であり、特に性器クラミジアを引き起こすクラミジア・トラコマティスという細菌に対して非常に有効な時間依存性のタンパク合成阻害薬です。作用機序としては、人間の細胞に存在しない70Sサブユニットの50Sサブユニットと選択的に結合する事により、菌のタンパク合成に必須とされるポリペプチド鎖の形成に必要な塩基配列情報を転写するトランスポーターRNAの働きを鈍化させ、菌のタンパク合成を阻害し菌を死滅させます。ジスロマックは、同じマクロライド系の抗生物質エリスロマイシンに窒素を縮合結合させたアジスロマイシンや長時間にわたる安定的な徐放性を有するマイクロスフェア製剤法を導入する事により、マクロライド系の抗生物質の問題点であった胃痛や嘔吐、吐き気、食欲不振などの胃腸症状の発生頻度を軽減するだけで無く、68時間を超える非常に長い血中半減期を実現し服用回数を大幅に軽減しています。又、ジスロマックは、酸化還元酵素シトクロームP450との結合力が小さい事により薬剤間の相互作用が非常に少なく、アレルギーなどの副作用も非常に少ない安全性の高い抗生物質です。しかし、医薬成分を含むので体質や体調によっては、吐き気や扁桃腺の腫れ、下痢、蕁麻疹などの軽微な副作用以外にも、白血球減少や顆粒球減少、血小板減少、肝炎、肝機能障害、黄疸、横紋筋融解症などの副作用を極稀に発症するケースもあります。その為、ジスロマックの服用による白血球や顆粒球の減少は免疫機能を著しく低下させるので、外部から侵入したウイルスや細菌などに感染するリスクが非常に高くなります。