医者がすすめるジスロマック

ジスロマックで感染症を治しましょう。ジスロマックはクラミジアにも効くお薬ですので、病院やネットでジスロマックを購入して治療をすることができます。ジスロマックは性病など様々な症状に使えます。

無精子症起因となるクラミジア角膜炎はジスロマック

性器クラミジア感染症は、感染患者の50%以上が自覚症状が無く感染に気づいて無いとされ、感染自体に羞恥心を抱いている為に専門の医療機関を受診しない感染患者が多くいます。この性行為感染症は、1回の性行為で感染する確率が約50%と非常に高く、特に若い女性に感染患者が多い傾向があります。その為、一般的に子宮頸管炎や子宮内膜炎、卵管炎、骨盤腹膜炎など重症化する傾向のある女性に対して警鐘を鳴らす事が多くありますが、男性も無精子症や乏精子症など男性不妊症の起因となるので早期発見早期治療の必要があります。男性は、1~3週間程度の潜伏期間を経て発症後、灼熱感を伴う排尿痛などの症状が現れる尿道炎や透明~乳白色のサラサラとした膿が出ます。クラミジア菌は、尿道を上行し最も深部の痛感神経の無い前立腺に感染し、絵陰部や恥骨付近の下腹部、鼠径部などに鈍痛を伴う前立腺炎を発症します。更にクラミジア菌が上行すると精巣上体のある副睾丸が感染し副睾丸炎を発症してしまう事が数多くあります。副睾丸炎は、睾丸から両足の付け根の鼠径部周辺が大きく腫れ歩行時に太股と接触する為、耐え難い激痛により歩行困難となる場合もあります。副睾丸炎は、左右両方共副睾丸炎を発症すると無精子症や乏精子症になり、男性不妊症の原因となるリスクが高い感染症であり、治療にはジスロマックなどのマクロライド系やビブラマイシンなどのテトラサイクリン系などの抗生物質が用いられています。又、クラミジアは、性器クラミジアや鼠径リンパ肉芽腫などの性行為感染症だけで無く、子供達にも感染するクラミジア角膜炎や封入体結膜炎を発症させます。クラミジア角膜炎は、リンパの腫れや痛み、目ヤニなどの症状が片側に出ますが、病状が進むと視界のぼやけや目の充血、濾胞などの症状が現れる事もあり、治療には抗生物質を配合した点眼薬や眼軟膏などが用いられます。