医者がすすめるジスロマック

ジスロマックで感染症を治しましょう。ジスロマックはクラミジアにも効くお薬ですので、病院やネットでジスロマックを購入して治療をすることができます。ジスロマックは性病など様々な症状に使えます。

突起物を治す薬のビブラマイシンとジスロマック

ジスロマックは、15員環マクロライド系の蛋白合成阻害剤であり、ビブラマイシンはテトラサイクリン系のポリADPリボースポリメラーゼ阻害薬ですが、共に菌の細胞に存在する蛋白合成を行うリボソーム内のサブユニットと結合する事によって蛋白合成を阻害します。ジスロマックは、70Sリボソーム内の大きな50Sサブユニットと結合し、ビブラマイシンは70Sリボソーム内の小さな30Sサブユニットと結合し、菌の増殖を及び菌の死滅効果を得る事が出来、共にレンサ球菌属や肺炎球菌、淋菌、クラミジア属などに有効とされています。クラミジアは、外性器や肛門の周辺に小さな突起物が複数発症し、女性の場合子宮頸管炎や子宮内膜炎、卵管炎、骨盤腹膜炎など重症化する事も多いので、ジスロマックやビブラマイシンなどで速やかな治療が必要です。ジスロマックは、窒素原子を組み込んだアジスロマイシンに徐放性を有する製剤法を施した事により、患部組織内の医薬成分濃度や医薬成分の移行性、血中半減期などの医薬効果が向上した為、性器クラミジアの治療は主成分アジスロマイシン1000mgを1回の服用するだけで完了します。しかし、ビブラマイシンは、テトラサイクリン系の抗生物質の中でも生体半減期は22時間と長い方ですが、1日1回の服用を継続する必要があります。胎児の新生児結膜炎や肺炎を引き起こす産道感染を防ぐ治療では、胎児への悪影響を最小限に抑える為に妊娠20週目~妊娠30週目にかけて抗生物質が投与されますが、妊娠中期以降に2週間以上ビブラマイシンを使用すると胎児の歯が黄色くなるリスクが非常に高くなります。又、ビブラマイシンは、厚生労働省の特定疾患クローン病の発症率を2倍以上に高めるとされ、口~肛門までの消化器官に慢性肉芽腫性炎症を発症します。その為、ジスロマックの方が安全性が高いと評価されています。