医者がすすめるジスロマック

ジスロマックで感染症を治しましょう。ジスロマックはクラミジアにも効くお薬ですので、病院やネットでジスロマックを購入して治療をすることができます。ジスロマックは性病など様々な症状に使えます。

腹痛等の副作用が少ないジスロマックは個人輸入で

ジスロマックは、15員環のマクロライド系の抗生物質アジスロマイシンを主成分とするタンパク質合成阻害剤であり、時間依存性の治療薬です。アジスロマイシンは、同じマクロライド系の14員環の抗生物質エリスロマイシンのラクトン環に窒素原子を縮合反応させた事で、細胞性免疫機能を担うファーゴサイトに取り込まれ易い性質を有し、患部組織内の医薬成分濃度を血中濃度の10倍~100倍に高め、少量の薬量でも治療に最低限必要な医薬濃度を維持出来る様に改良されています。又、ジスロマックは、マクロライド系の抗生物質に多かった上部消化器官での消化吸収による腹痛や嘔吐、食欲不振などの胃腸症状を軽減し、特殊な製剤法により消化器官での医薬成分の長期間安定的な放出を可能としています。その結果、68時間にも及ぶ非常に長い血中半減期を実現し、性器クラミジアにおいてはアジスロマイシン換算で1000mgを1回服用するだけで治療を完了する事が出来、胎児への垂直感染を回避する為に妊娠20週目~妊娠30週目の妊婦に処方されるほど安全性の高い治療薬です。ジスロマックは、ドラッグストアなどで簡単に購入出来るOTC薬とは異なり、購入には医師の処方箋が必要な処方箋薬であり、1年間に6回以上性器ヘルペスの再発を繰り返す患者の再発抑制治療や発症している患者に対しては保険が適用されます。しかし、再発に備える常備薬として処方して貰う場合には保険が適用されず高額となります。その為、個人輸入で入手する感染者やウイルスキャリアが増えています。個人輸入は、営利目的や譲渡目的以外の個人使用に限り、用法用量からみて1ヶ月分以内の量ならば、地方厚生局や税関への届出無しで輸入が出来ます。