医者がすすめるジスロマック

ジスロマックで感染症を治しましょう。ジスロマックはクラミジアにも効くお薬ですので、病院やネットでジスロマックを購入して治療をすることができます。ジスロマックは性病など様々な症状に使えます。

血液よりも成分の高いジスロマックとパーキンソン病

ジスロマックは、蛋白合成阻害薬に分類されるマクロライド系の抗生物質です。ジスロマックは、上部消化器官での副作用が問題視されていたマクロライド系のエリスロマイシンに窒素を縮合反応させたアジスロマイシンを主成分とし、小腸で安定的に長時間にわたり医薬成分を放出する特殊製剤法マイクロスフェアを施す事で、胃腸症状などの副作用を軽減すると共に68時間を超える非常に長い血中半減期や食細胞との親和性を向上させた事による優れた医薬成分の移行性、血液濃度の10倍~100倍の患部組織内の医薬成分濃度など非常に高い医薬効果が期待出来ます。その為、性器クラミジアや淋病、鼠径リンパ肉芽腫などの性感染症の治療だけでは無く、肺炎球菌やインフルエンザ菌、マイコプラズマ属などの感染症の治療薬として用いられています。性器クラミジアは、発症後男女共に自覚症状がほとんど無い為に感染に気付かず水平感染を拡大するだけでは無く、AIDSやHIVへの感染リスクを3倍~5倍に高めてしまいます。HIVは、多種多様な細菌や真菌、ウイルスなどの病原体を排除するTリンパ球やマクロファージに感染するウイルスであり、徐々に感染者の免疫力を削いで行き最終的にAIDSを発症させてしまいます。しかし、HIVは人の免疫システムを破壊する免疫不全だけでは無く、パーキンソン病様相の脳疾患症状を発症するケースがあります。パーキンソン病は、主に大脳基底核に神経学的症状が発症する錐体外路症候群であり、アルツハイマー病と同様に発症頻度の高い神経変性疾患として原因不明の難病です。その為、淋菌やクラミジア・トラコマチス菌などによる感染症対して有効なジスロマックは、パーキンソン病に対しては医薬効果が期待出来無いとされています。